布しごとの合間のひとりごと



仕立ててきたきたバッグが、

さて、今まで何個だったか。

縫って、染めて、

また、縫って。

夢中で手を動かし、ミシンを踏んできたら、

どうやら、11年目になった布仕事。

はじめは、自分の愛用するbagを解体して作り方研究したり、

布地の縦、横の方向も関係なく裁断したりと、めちゃくちゃ。

つくりたいbagのイメージがあっても、その作り方がわからなくて、

何日も何日もかけて縫い上げたり。

それでも、手を休めず針を進めてきたのは、

婦人服の仕立てをしていた母がいたからこそです。

そして、

和裁をしてした祖母の手芸道具が私の布仕事、

bagづくりへ導いてくれた気がします。

とにかく手を動かし身につけてきた布仕事ですが、

今はなんだか、そわそわ焦る私と、

まぁ、まぁ、落ち着いて、

じっくり手を動かしなさいと

促す私もいたりして。

いつか、かたちにしようと思い巡らせていたものに、

取り組む2017年にしようと今は思っております。

まずは、blogをお引越し。

あたらしい布仕事の日記帳に、

「布しごとの合間のひとりごと」を綴ります

こちらは↓

The diary of the past


0回の閲覧

© 2016 furuki yuko.All Rights Reserved.