祖母の針道具





時間のできた時にハンカチにしようと、

大切に残しておいた服地の端切れ。

着物の仕立てをしていた祖母の絹糸を使い、

手縫いで仕立ててみました。

ミシン仕立てとはまた違う、

手仕事の跡が残る針目。

丁寧に針を運ぶことで生まれるステッチで、

ただの四角い布が、とっておきの一枚になる布仕事の面白さ。

祖母の針道具で再認識。

さりげないところ、

もしかしたら誰も気づかないところ。

そういう、手の仕事を大事に、

縫ってい


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示