About

古木 裕子
yuko furuki

わたしのつくるbag

手に取るたびに、

気持ちがふわっと持ち上げるバッグ。

綿と麻の布を、

独自に調合した染料で染め、

デザイン、裁断、縫製と、

すべて、ひとりでバッグを仕立てています。

染めたり、

洗いをかけた布は、

ざっくりとした素朴な風合いになり、

そんな布の手触りがとても好きです。

その布に、

経年変化にも愛着が湧くような

革や真鍮製の金具を組み合わせて、

長く愛用できる、

丁寧な仕立てを大切にしています。

DSC_0386 (2).JPG

手仕事のはじまり

手を掛ける

婦人服の仕立てをしていた母。

ミシンや糸、布などが、

子供の頃からいつも身近にありました。

 

手を動かし、

一枚の布から形になっていく、

おもしろさ。

そして、

身に着けた時の心地よさと

気持ちが持ち上がる感覚。

 

そんなことが、

今のわたしの布仕事に繋がっている気がします。

布仕事のはじまり

欲しいものが見つからなくて、

作りはじめたバッグ。

はじめて作ったのは10㎝角の正方形のフェルトを

接ぎ合わせて仕立てた、手縫いのバッグでした。

 

そのバッグは、

意外にも素敵ねと声を掛けられ、

「仕事にすればいいのに」って。

「そっかぁ。」と、

その時はすとんと思えなかったけど・・・。

 

不思議です。

今も布仕事を続けています。

 

1982年 東京都生まれ

   

    独学ではじめた布仕事。

2006年 埼玉県にある自宅の一室、

    小さな工房にて、制作、発表をはじめる。

現在、個展、企画展、クラフトフェアなどで活動。

DSC_0392_edited.jpg