​Fabric Work裁断

1 型紙を置く

1 型紙を置く

効率的な生地の取り方も必要ですが、染色した布の風合いは同じ一枚の布でも、シワの寄り具合などは色々。バッグのどの部分にくるかも考えながら、型紙を配置していきます。

2 しつけ

2 しつけ

ミシンがけのときに、とても重要になる作業。裁断したパーツどおしを合わせる際、このしつけ糸がしるしになり、仕上がり位置、サイズをデザインどおりに縫うことができます。

3 裁断

3 裁断

バッグづくりはミシン仕事がメインであるように思いますが、その前工程である裁断もとても大事。丁寧な仕事が必要です。 きれいな裁断が行われなければ、仕上がりがよい縫製はできません。

© 2016 furuki yuko.All Rights Reserved.